研究実績

以下のリストは、当協会の研究事業として実施した写真療法(写真セラピー)に関する研究発表です。


抄録の写しを希望する会員は、問い合わせフォームから希望する資料番号を明記のうえご連絡ください。なお、(3)については、発表先の規定により写しをお渡しできませんので、リンクを貼ってあるサイトから購入をお願いします。

(1) 酒井貴子:病気療養児の自己表現、カタルシスとしての写真活動・院内学級におけるデジカメを使ったワークショップ.日本育療学会第12回学術集会発表抄録、p.34,2008.

 

(2) 酒井貴子:自己表現としての写真活動-自由な自己表現から生まれる自己肯定感、他者との交流-.日本育療学会第13回学術集会発表抄録、p.36、2009.

 

(3) 酒井貴子:日本における写真療法(写真セラピー)活動.日本写真学会誌第72巻別冊、pp.9-10, 2009.

 

(4) 酒井貴子・鈴木康明・永田映子:写真療法の実践とその可能性.日本カウンセリング学会第43回大会発表論文集、p.176、2010.

 

(5) 酒井貴子・篠原菊紀・永田映子:高齢者施設における写真療法の実践とその効果について-心の快適度、認知機能、脳活動計測の観点から.日本認知症ケア学会誌Vol.9-2、p.357、2010.

 

(6)永田映子・酒井貴子・鈴木康明:高齢者施設における写真療法の実践・豊かな生活と新しいライフスタイルを目指して.第21回全国介護老人保健施設大会抄録 、p.250, 2010.

 

(7)酒井貴子・鈴木康明・永田映子:写真を撮ること、撮られることの意義.日本カウンセリング学会第44回大会抄録、p.77、2011.

 

(8) 永田映子・酒井貴子・篠原菊紀 :高齢者が写真で表現することについての意義の考察・震災のさなかに制作されたアルバム画像において語られたもの.日本認知症ケア学会誌Vol.10-2, p.348, 2011.

 

(9) 酒井貴子・鈴木康明・永田映子:心理療法における写真を見ることの有用性

日本カウンセリング学会第45回大会抄録、p.170、2012.

 

           >>写真療法とは: 実践および研究助成金のご案内 のページへ

 

【著作権についてのご注意】

各論文は、発表者(共著の場合は発表者全員)が著作権を保有しており、無断で論文の一部もしくは全部を転載したり、転用したりすることは法律で罰せられます。内容をブログやHP、記事、論文などに使用したい場合、以下の全ての要件を満たすことで合法的な引用として利用出来ます。(1)引用したい部分がそれ以外の部分に対してあくまでも補足的な利用であること、(2)原文忠実に引用すること、(3)引用であることがわかるよう、引用した部分を「 」でくくるなどし、出典元を明示すること。(例)酒井貴子:日本における写真療法(写真セラピー)活動.日本写真学会誌第72巻別冊、pp.9-10, 2009. なお、それ以外の無断使用は、著作権の侵害となりますのでご注意ください。