e-ラーニングのご案内

以前、受講いただいた際は、2~3日間連続で会場にご足労いただきましたが、今年度より、知識を学ぶ「講義」部分は、インターネットで学習(e-ラーニング)、ワークショップを体験する「実習日」は会場に集合し実演、という受講スタイルに変更しました。これにより、会場にご参加いただく日が1日のみとなり、ご参加頂きやすくなりました。

 

講義部分については、インターネットでファシリテーター養成講座の専用サイトにアクセスし、受講していただきます。ネットに接続できるパソコンやスマホを使い、ご自宅で学習していただきます。Youtubeなどの動画サイトを見るようなスタイルで、養成講座の動画を視聴し、受講期間中であれば、何度も繰り返し視聴できるので、より深く学ぶことができます。

 

e-ラーニングを受講するために必要な環境

 

●インターネット接続が必須です。

 

●端末(下記のいずれかの端末が必要です)

・パソコン ※各OSのサポートが切れているものはサポート対象外。

・タブレット※各ブラウザーのサポートが切れているものはサポート対象外。

・スマートフォン(iOS、Android) ※2017年11月1日現在において、Android端末はバージョン4.2以上で動作しますが、最新のOS以外はサポート対象外。

 

●対応ブラウザー

・最新のブラウザー

※2017年11月1日現在において、IE 11.0以上 / Chrome / Safari / Firefox でご利用が可能ですが、各ブラウザーのサポートが切れているものはサポート対象外です。(延長サポート期間も対象外です。)

※ブラウザにプラグイン(Adblock等)を入れている場合には正常に動作しないことがあります。

 

上記についてご不明な点やご質問がある場合は、問い合わせフォームからご連絡下さい。担当者より折り返しいたします。

 

また、講義とは別に実技部分は会場にお越しいただいて受講する必要があります。本年度の実施内容については、ファシリテーター養成講座のページをご覧ください。

【著作権についてのご注意】

当サイトに掲載されている内容の一部もしくは全部を無断で転載、転用することはできません。掲載している内容をブログやHP、記事、研究論文などに使用したい場合、以下の全ての要件を満たすことで合法的な引用として利用出来ます。(1)引用したい部分がそれ以外の部分に対してあくまでも補足的な利用であること、(2)原文忠実に引用すること、(3)引用であることがわかるよう、引用した部分を「 」でくくるなどし、出典元を明示すること。(例)出典元:酒井貴子(2012).ファシリテーターとは、日本写真療法家協会公式ウェブサイト、www.shashin-ryoho.com、x月x日検索. なお、引用以外の無断使用は、著作権の侵害となりますのでご注意下さい。