ファシリテーターとは

【ファシリテーターの役割】

 

第3者に対して写真療法(写真セラピー)のプログラムを企画、運営、実施、管理、調整する講師役を「ファシリテーター」と呼びます。

 

日本写真療法家協会が提唱する写真療法(写真セラピー)は、対象者が自ら癒され元気になってゆくセルフヒールのプロセスであり、それを手助けし、その人に適切な写真表現の方法や、安全、安心な自己表現の場を提供するのがファシリテーターです。

 

そしてファシリテーターには、どんな表現をもその人の個性、感性として受け止めながら参加者の思いを引出し、共感的にその人の心に寄り添うことが求められます。そのためには、様々な関わり技法が必要です。

 

また、「適用と注意点」のページでも紹介しているとおり、現実に直結しているリアルな写真というイメージを扱う写真療法(写真セラピー)では、深い無意識の情動の表出を促します。

 

そのため、ファシリテーターは、写真療法(写真セラピー)の効果と同時に、その危険性や万が一の場合の対処法をよく理解したうえで、慎重にワークショップを実施することが求められます。

 

写真療法(写真セラピー)を実施したいと考えていらっしゃる方は、必ず「ファシリテーター養成講座」、「シニア・ファシリテーター養成講座」や「フォローアップ研修」に参加し、必要とされる技術や知識を習得し、自己研鑽を深めながら、慎重に進めてください。

 

  著・酒井貴子(2012)

 

【著作権についてのご注意】

当サイトに掲載されている内容の一部もしくは全部を無断で転載、転用することはできません。掲載している内容をブログやHP、記事、研究論文などに使用したい場合、以下の全ての要件を満たすことで合法的な引用として利用出来ます。(1)引用したい部分がそれ以外の部分に対してあくまでも補足的な利用であること、(2)原文忠実に引用すること、(3)引用であることがわかるよう、引用した部分を「 」でくくるなどし、出典元を明示すること。(例)出典元:酒井貴子(2012).ファシリテーターとは、日本写真療法家協会公式ウェブサイト、www.shashin-ryoho.com、x月x日検索. なお、引用以外の無断使用は、著作権の侵害となりますのでご注意下さい。