養成講座のご案内

【ファシリテーターとは】

 

第3者に対して写真セラピーのプログラムを企画、運営、実施、管理、調整する役割を「ファシリテーター」と呼びます。

 

日本写真療法家協会が提唱する写真セラピーは、対象者が自ら癒され元気になってゆくセルフヒールのプロセスであり、それを手助けし、その人に適切な写真表現の方法や、安全、安心な自己表現の場を提供するのがファシリテーターです。

 

ファシリテーターには、どんな表現をもその人の個性、感性として受け止めながら参加者の思いを引出し、共感的にその人の心に寄り添うことが求められます。そのためには、様々な【関わり技法】が必要です。

 

 なお、写真セラピーのワークショップは、写真技術の取得や向上が第1目的ではありません。従って、ファシリテーターには専門的な写真の知識や技術は不要であるものの、ワークショップの回を重ねるごとに、参加者の創作意欲が増すため、様々な表現が可能になるように、最低限、使用するデジタルカメラやプリンター、コラージュ素座の使い方は熟知しておく必要があるでしょう。

 

また、人の心の領域に触れるセラピーとしての写真活動ですので、人の心の深さや広さ、繊細さ、複雑さを理解し、ファシリテーター自身の自己研鑽も求められます。

 

写真セラピーに興味ある方は、毎年、開催しているファシリテーター養成講座において、プログラムの内容や学術的な背景、ワークショップ開催の方法、ファシリテーターとしての関わり技法、活動の意義や注意点などを学ぶことができます。

 

  著・酒井貴子(2012)

(2017一部改訂)

 

【著作権についてのご注意】

当サイトに掲載されている内容の一部もしくは全部を無断で転載、転用することはできません。掲載している内容をブログやHP、記事、研究論文などに使用したい場合、以下の全ての要件を満たすことで合法的な引用として利用出来ます。(1)引用したい部分がそれ以外の部分に対してあくまでも補足的な利用であること、(2)原文忠実に引用すること、(3)引用であることがわかるよう、引用した部分を「 」でくくるなどし、出典元を明示すること。(例)出典元:酒井貴子(2012).ファシリテーターとは、日本写真療法家協会公式ウェブサイト、www.shashin-ryoho.com、x月x日検索. なお、引用以外の無断使用は、著作権の侵害となりますのでご注意下さい。