新春特別講演会のご案内

セルフィーやインスタ映えの流行から考える<写真の効用> 

 

2017年の流行語の一つとして「インスタ映え」がありますが、なぜ、これほどまでに写真がSNSを賑わせ、見栄えの良い写真を撮影して公開することに人は情熱を注ぐのでしょうか?

 

実は、写真活動は、生きがいや意欲の向上につながる、写真を撮ることで自信や意欲、自律心や自己信頼、自尊心を高める、一緒に撮られることで同族感や親近感が高まる、コミュニケーションを増す、笑顔の写真を見ることで心の痛みが緩和される、など、心理的な良い影響を与えることが主に社会心理学の観点から多々報告されています。

 

本講演では、フェイスブックやインスタグラムなど、SNSでの写真の活用からうかがい知ることが出来る<写真の効用>について考えます。

 

本テーマについてご興味ある方であればどなたでもご参加頂けます。

 

日程:2018年2月25日(日)15時~16時30分 終了しました。

場所:品川産業支援交流施設SHIP  第一会議室

住所:東京都品川区北品川5-5-15  大崎ブライトコア4階

対象:当協会会員および一般の方

定員:30名(先着順)

参加費:会員および会員同伴の非会員(2名まで)は無料 / 一般は3,000円

講師:酒井貴子(一般社団法人日本写真療法家協会代表理事)

 

申込み:一般の方は以下の申し込みフォームから受け付けます。当協会会員の皆様は総会資料に同封されて届くハガキにてお申し込みください(1月初~中旬に発送予定)。