協会設立12周年記念講演会のご案内

未来を担う子どもたちとその家族の心に寄り添う 

 

めまぐるしく変化する現代。未来を担う子どもたちが、力強く生きてゆけるよう、彼らの生きる力を大人が潰すことなく、見守り、寄り添い、育ててゆくこと、それらが今まで以上に求められているのではないでしょうか。そのためには、子どもたちの自分や他人を理解しようとする努力、ありのままの自分らしさの表現、適切な自己主張、他者とのコミュニケーション、自信や意欲、自己肯定感など、生きる力の獲得が必要です。

 

本講演会では、今、子どもたちと家族をとりまく現場や社会では何が起こっているのか、そこに写真というツールが一助を担うことはできるのか、私たちにできることは何なのか、などをご一緒に考えたいと思います。 

 

本テーマについてご興味ある方であればどなたでもご参加頂けます。

 

日程:2019年2月24日(日)13:00~16:30

場所:日比谷図書文化館4階 スタジオプラス(小ホール)

住所:東京都千代田区日比谷公園1-4

対象:当協会会員および一般の方

定員:50名

参加費:無料

申し込み方法:会員・総会資料に同封される葉書にて返信

       非会員・本ページ下部にある「申し込み」ボタンから願います。

 

【特別講演】原田順和氏(地方独立行政法人長野県立病院機構理事、長野県立こども病院名誉院長「こども達と共に。長野県立こども病院で過ごした25年」

 

【事例報告】増田雄太氏(修文大学看護学部助教、NPO法人つながる子育てにじいろ会員、日本写真療法家協会会員)「子育て支援としての写真セラピー」

 

【活動報告】酒井貴子氏(日本写真療法家協会代表理事、写真療法家)「子どもたちの生きる力を育む写真のチカラとその可能性」 

 

※イベントチラシは、本ページ下にあるファイル(表裏)をダウンロードできます。 

 

講演会2019年チラシ-表.jpg
JPEGファイル 1.3 MB
講演会2019年チラシ-裏.jpg
JPEGファイル 838.7 KB