代表理事のご紹介

代表理事  酒井貴子(さかいよしこ)

 

本名:酒井美子。日本心理学会認定心理士、写真療法家、写真療法研究家。大手外資系企業人事部長などを歴任し、採用、人材・組織開発、人事企画、労務管理、企業合併に伴う人事制度統合などに携わる。大学で心理学(人間科学)を専攻、歴任中には海外本社プログラムとしてコーチングやファシリテーション技術を習得したほか、産業カウンセラー養成講座を修了してカウンセリング心理学を専門的に学ぶ。

 

2001年、自我の危機と思われる時期に写真と出会い、風景写真家・鈴木一雄氏に師事して本格的に写真を学び始める。そして写真を楽しむことが人の生きる力を育むことを体験し、2004年、特定非営利活動法人クローバーリーフを立ち上げ、医療、福祉、教育現場にセラピーとしての写真活動を開始。臨床心理学(芸術療法およびカウンセリング心理学)を基本原理として、自分が撮影した、もしくは自分自身や自分にとって関係性を深いものが写っている写真をコラージュしたり、思いを自由に語ることで自己発見や自己洞察を深め、自信や意欲、自己肯定感などを育む「写真セラピー」の技法を独自に開発。

  

2007年、癒しや生きる力、人間的成長を促すセラピーとしての写真活動(写真療法)の確立と普及を目的とする日本写真療法家協会を設立。日本におけるセラピーとしての写真活動(写真療法・写真セラピー・フォトセラピー)の第一人者としてワークショップの開催や講師活動に従事する傍ら、外部の専門家らとともに写真療法の研究活動を牽引している。

 

活動は、2007年第17回日本ホビー大賞「文部科学大臣賞」および、第1回キッズデザイン賞(リサーチ部門)を受賞。

 

日本カウンセリング学会、日本心身健康科学会会員。

 

著書に「生きる力を取りもどす写真セラピー」(2011年、メディアファクトリー刊)

 

【その他情報】

■NPO法人クローバーリーフ http://npo-clover-leaf.jimdo.com/

■酒井貴子ホームページ http://yoshiko-sakai.com 

■FBページ http://www.facebook.com/yoshiko.sakainw